全国学力調査 「ゆとり教育」批判覆すデータ

2007年4月17日 宮崎日日新聞
 学力低下の元凶と言われてきた「ゆとり教育」だが、どうやらそうでもないらしいことが分かった。

 全国の高校3年生15万人を対象に2005年に実施した学力調査結果がまとまった。

 旧指導要領の下で行われた前回(02―03年実施)との同一問題で比べると、正答率の上がった問題が、下がった問題を大きく上回ったのだ。

 「自ら学び、考える力」の育成を掲げた現行の学習指導要領で学んだ高校生への初めての大規模テスト。

 「ゆとり教育」批判は声高な教育再生論の根拠にもなっていただけに、学力低下論議に一石を投じそうだ。

 ■関心、意欲は改善傾向■

 一方で個別の教科・科目では、数学や理科などはあらかじめ想定した正答率を下回り、前回同様に低迷したままという厳しい現実も見せつけた。

 文部科学省は「理数などの課題は残るが、全体的には改善傾向」と控えめな評価をしている。

 しかし全体としてみれば、現行指導要領が授業時間を減らしたことが学力低下につながる、という批判への実質的な反論になっている。

 まず注目されるのは、現行指導要領が重視している関心、意欲や資料活用能力などの指標の改善傾向である。

 生徒に対する質問調査の結果では「勉強が大切」としたのは84%で、前回より5ポイントアップ。「勉強が好き」も22%で2ポイント上がった。

 各科目の勉強についても「好きだ」とする回答が、調査した全科目で前回より上昇。「授業が分かる」とする生徒も増えている。

 各科目でも、資料活用や関心・意欲などにかかわる問題の正答率が想定を上回る傾向が目立ち、英語のリスニングも前回より正答率が上がった。

 ■「量」より「質」の重視■

 この中で、数学は36問中25問が想定正答率を下回り、上回ったのはわずか3問。理科4科目はいずれも約半分の問題が想定を下回った。

 改善傾向となった資料活用の力も、資料を読み取った上で自分の言葉で表現する一歩踏み込んだ問題には課題を残している。

 全体としてこのデータは、指導要領が次第に浸透し始めた結果ともとれ、現行指導要領と学力低下をストレートに結び付けるのには無理がある。

 既に教育再生会議では授業時間10%増などの改革案を提示している。だが問題は、学習の「量」を増やすことではなく、「自分で考えたことを表現する」など学習の「質」改善にあることは明らかだろう。

 国語の古典では、前回と共通する4問中3問で正答率が低下した。文科省は古語などの基本的知識が欠けていたと分析している。

 この結果から指導内容を増やす動きが出てきそうだが、古文や漢文を好きだと思わないとの回答が7割を超えている。量を増やして詰め込む前に、どうしたら古典への興味を引き出せるか考える方が先ではないか。

 教育再生会議には、どんな学力を目指すのかという肝心の議論が欠けている。なぜ授業時間増なのか、根拠も示されないまま「ゆとり教育」見直しが独り歩きしているのだ。

 検証もないまま、政治がある種の思惑で現場をかき回すようなことがあってはならない。今回の調査を、冷静な教育論議に引き戻す契機にしたい。
posted by マリンちゃん at 09:49 | Comment(0) | TrackBack(0) | 学力低下

高校生学力調査 最大課題は教育の底上げ

2007年4月17日 山陽新聞
 文部科学省は全国の高校三年生のうち約十五万人を対象に二〇〇五年に実施した教育課程実施状況調査(学力調査)の結果を公表した。

 「ゆとり教育」を掲げる現行学習指導要領の下で学んだ高校生への大規模な学力調査は初めて。週五日制の実施や教科内容・単位数の削減などが学力低下を招いているとの強い批判があるだけに、旧指導要領で学んだ前回調査(〇二―〇三年実施)の生徒との比較が注目された。

 だが、今回の調査結果を見る限りでは学力低下はうかがえない。文科省は、前回と同様に同省が正答すると予想した「想定正答率」を大幅に下回った数学と理科などについて「課題が残る」としながらも「全体的に学力低下に歯止めがかかり、改善傾向といえる」とした。

 ゆとり教育が本当に学力低下をもたらしたのか。政府の教育再生会議では授業時間の10%増や、薄すぎる教科書の改善といった提言をするなど見直し論が急だ。しかし、調査結果からは単純なこれまでの学力低下の見方を反省する必要があろう。

 安堵(あんど)もしてはいられない。中でも懸念されるのが、数学?や英語?などで見られた高得点層と低得点層に分かれ、中間が少ない「二こぶ式」の得点分布だ。学力テストと同時に行った学習に関する意識調査でも、学校以外の勉強時間が「三時間以上」が24%いる一方で「全く、ほとんどしない」も39%だった。

 基礎学力や学ぼうとする意欲は、生徒たちが社会に出て生きていく上で大切な財産となる。授業についていけない生徒や学習意欲の乏しい生徒たちに働きかけ、確かな学力を身に付けさせることは公教育の使命である。

 原因は、個々の置かれた状況で異なっている。それぞれが、どこでつまずいたのかを分析し、少人数学級や習熟度別授業などのきめ細かな対応で底上げを図ることが求められよう。

 今回、文科省は科目別の指導改善例を示したが、全体の数値を基に平均的な高校生像を描いてのもので効果を疑問視する向きも多い。多様な学力のグループの特性や傾向を分析し、それぞれに適した指導を教育現場に提示する必要がある。

 要はデータを基に指導方法を検証し、いかに生徒のために生かせるかだ。二十四日には全国の小学六年と中学三年の全員を対象に学力テストが実施される。全国一斉テストは競争の過熱化などで約四十年前に廃止されていた経緯がある。教訓をしっかりと肝に銘じなければならない。
posted by マリンちゃん at 18:21 | Comment(0) | TrackBack(0) | 学力低下

全国テスト差し止め求め仮処分=小中生9人「違憲」

4月16日21時30分 時事通信
 全国すべての小学6年生と中学3年生を対象に文部科学省が4月24日に実施する全国学力テストで、民間企業が関与し生活や学習状況についての調査が行われるのはプライバシー権などを侵害し違憲として、京都市と京都府京田辺市の小中学生9人が16日、京都市などを相手に、9人に対するテストの差し止めを求める仮処分を京都地裁に申し立てた。

 弁護団によると、全国学力テストに対する仮処分や訴訟の提起は全国で初めて。 
posted by マリンちゃん at 08:57 | Comment(0) | TrackBack(0) | 学力低下

文部省、ゆとり教育で学力改善と調査

2007年04月14日 教育情報ポータルサイト
文部科学省が、ゆとり教育による学習内容の削減を行う方針で学習した高校3年生を約15万人を対象に行った初の教育過程実施状況調査の結果を公表した。

この調査の方法は、ゆとり教育以前の教育方法で学んだ高校生を対象にした問題と同じものを現在の学生に回答させ正答率の比較をするというもの。
181問中、ゆとり教育以前と比べ14.4%にあたる26問に正答率向上の傾向があった。
この結果を、調査を行った国立教育政策研究所は学力は改善の方向に向かっていると分析した。
小中学生の学力テスト結果にも同様の動きが見られ、次期学習指導要領の参考材料になりそうだ。
この調査では同時に学習意欲をとうアンケートも行われ、勉強に対する意欲の向上を示すデータも増加している。

posted by マリンちゃん at 19:24 | Comment(0) | TrackBack(0) | 学力低下

全国学力テストの狙い「新自由主義改革」の突破口

2007年4月15日 しんぶん赤旗 
 今月二十四日に全国の小学六年生と中学三年生を対象に行われる全国一斉学力テスト。六十六億円(二〇〇七年度)にのぼる税金を使って二百万人以上にテストを受けさせる狙いはどこにあるのでしょうか。

競争意識の涵養
 第一の狙いは子ども同士を競争させることです。

 〇四年十一月四日の経済財政諮問会議。中山成彬文部科学相(当時)は「教育改革」の方針の一つとして、「競争意識の涵養(かんよう)、全国学力テストの実施」を提案しました。席上、中山文科相は「子どものころから競い合い、お互いに切磋琢磨(せっさたくま)する意識を涵養する。全国学力テストを実施する」と、子どもを競争に追い立てるのが狙いだとあけすけに語っています。

学校選択の指標
 第二の大きな狙いは、学校選択制とセットで「新自由主義教育改革」の突破口とすることです。モデルは一九八〇年代のイギリスの「サッチャー改革」です。

 安倍晋三首相は自著『美しい国へ』の中で、サッチャー改革を「壮大な教育改革」とほめたたえ、「全国的な学力調査を実施、その結果を公表するようにするべきではないか。…この学力テストには、私学も参加させる。そうすれば、保護者に学校選択の指標を提供できる」とねらいを語っています。テストの成績と人気度で学校を序列化するものです。

 規制改革・民間開放推進会議(現・規制改革会議、議長・草刈隆郎日本郵船会長)の第三次答申は、「教育バウチャー(利用券)制度導入」をめざし、その前提である学校選択制を「十分に機能させる」と述べています。

 教育バウチャー制度とは、児童・生徒数に応じて学校の予算を配分するというもの。学校選択制で、児童・生徒が減る「不人気校」にとっては、予算削減に直結します。

PDCAの管理
 第三の狙いは、国・文科省による教育の管理と統制の新たな仕組みを確立することです。

 それは、「計画(プラン=P)→実行(ドゥ=D)→点検・評価(チェック=C)→改善(アクション=A)」のPDCAサイクルと呼ばれる仕組みで、イギリスやアメリカでさかんに導入されています。国が「計画」と「点検」の権限を握ることで、少ない予算で強力に教育を管理するものです。学力テストは「点検・評価」にあたります。

 文科省の実施要領にある「教育及び教育施策の成果と課題を検証し、その改善を図る」という文言の意図はここにあります。

 名古屋大の中嶋哲彦教授は、学力テストは、「PDCAサイクルのパーツ(部品)である」として、「それぞれの地域や学校で自分たちで教育をつくっていく営みを全部押し流してしまう。文科省のつくった枠組みの中に、学校や地域を入れていこうとするものだ」(三月三十一日に東京都内で行われたシンポジウム)と批判しました。

英国では反省も
 イギリスの「教育改革」は、学校選択制を導入して、児童・生徒数に応じた予算を配分しました。こうした「改革」のてことしてナショナルテスト(全国統一テスト)の導入が必要でした。

 そのイギリスでは「本当の学力とは違うのではないか。テストと学校選択制でいいのか」という声が高まり、ウェールズでは、ナショナルテスト廃止が決まりました。英国の有力シンクタンク「公共政策研究所(IPPR)」は昨年末、イングランドの学校教育制度が一斉テストの結果を過度に重視している状況を批判しています。(小林拓也)
posted by マリンちゃん at 19:23 | Comment(0) | TrackBack(0) | 学力低下

ゆとり教育と学力低下を考える

ゆとり教育の根幹は「できないものはできなくていい」、その代わり「実直な人間になってくれればいい。」

そのために導入されたのが授業数削減に代わる「総合的な学習」です。

ゆとり教育の目玉「総合的な学習の時間」は、生徒が自発的に横断的・総合的な課題学習を行う時間のことです。特徴としては、体験学習や問題解決学習の重視、学校・家庭・地域の連携を掲げています。

この時間は、国際化や情報化をはじめとする社会の変化をふまえ、子どもが自ら学び、自ら考える力などの全人的な生きる力の育成をめざし、教科などの枠を越えた横断的・総合的な学習を行うとされています。

しかし、これらゆとり教育で「全人的な生きる力」を現場で教師が教えることは不可能であるという批判が多く出ました。教師は勉強を教えることはできても、生きる力を教えることはできないのではないか、またできたとしても、教師全員がその能力を持っているわけではなく、一部の有能な教師のみに限られるではないかというわけです。

総じて総合的な学習の時間が「単なる時間つぶし」になっている学校やクラスもあるようです。ゆとり教育の導入の経緯でもある真の目的「実直な人間」になるために有効かといわれれば疑問です。

これらは評価が非常に難しい内容です。数値化もできず、定量化が難しい内容を実施していれば、効果の測定も難しく、結局は時間つぶしにはなりえます。それが今学力低下というキーワードで今目の前に提示されているといえるでしょう。

しかし、それはすでに、新学習指導要領導入から程なくして、授業時間の見直しが行われていたのです・・・
posted by マリンちゃん at 19:04 | Comment(1) | TrackBack(0) | 学力低下

ゆとり教育の逆は、勉強の先取り学習?

ゆとり教育を反対する人の中には、勉強の先取り学習を奨励する人が少なくありません。

ただ、先取り学習についても不安をお持ちの親の方は多いのではないでしょうか?

そこで、自分なりに先取り学習の情報を集めてみました。

ネットサーフィンしていて偶然見つけたサイトに、家庭学習において、いったいどこまで先取り学習をすべきなのか?という記事を見つけました。

かなりの長文ゆえ、読むのが大変ですが、軽いタッチで書かれているので、なんとか最後まで読み通しました・・・

家庭学習でどういうことを考えながら進めたらいいのかのヒントをたくさんいただきました。

あまり先に先に勉強していると、小学校に入ったとき、学校の授業がつまらない、新鮮じゃなくなるんじゃないか?

勉強の先どりはどのくらいまでがいいのでしょうか?

悩んでいることはいっしょですね。

「質の負荷」と「量の負荷」についての話は目から鱗でした。お勧めの問題集もあり、ちょっとやってみようかと思っちゃいました。早速アマゾンで1冊注文してみたので、頑張ってみます。

家庭学習において、いったいどこまで先取り学習をすべきなのか?
posted by マリンちゃん at 01:38 | Comment(0) | TrackBack(0) | 学力低下

真の学力向上は、学習塾の活力が不可欠です!

ゆとり教育反対派として、あの和田秀樹氏が有名ですよね。

記事タイトルは、和田秀樹氏の言です。

和田 秀樹氏は、フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』によれば、大阪府出身の受験アドバイザー、評論家(教育・医療、政治・経済)、精神科医(川崎幸病院精神科顧問)、国際医療福祉大学教授、起業家。創価学会学会員。一橋大学経済学部(医療経済学)、東北大学医学部、上智大学心理学科などの非常勤講師や東進ハイスクール顧問も歴任。ヒデキ・ワダ・インスティテュート、緑鐵受験指導ゼミナール代表。

和田秀樹氏 byフリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

和田氏は自ら主宰する「学力向上!親の会」で真の学力向上は、学習塾の活力が不可欠です!と述べ、趣旨説明では、

私、和田秀樹は「ゆとり教育」に対して、いち早く警鐘を鳴らす活動を展開してきました。現在では、新学習指導要領の事実上の撤回をはじめ、これまでの私の活動は、一応の評価をいただいている、と自負しております。
 
しかしながら、未だに、全国の保護者をはじめ教育関係者のなかには、子どもの悩み、学習方法などにお困りの方が多く、様々な形で「お問い合わせ」がありました。そこで、子どもの悩みに対して、「学力向上のための情報」を中心にした団体を設立いたしました。

と書いておられます。

やっぱり塾が不可欠なのか?? 悩みますねえ・・・

完全に塾派の和田氏に対して、フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』によれば、

和田式勉強法は灘高校における勉強法、和田秀樹自身が開発した勉強法などに加え、最近取り入れた認知心理学に基づく勉強法で成り立っている。もっとも和田にとって認知心理学はまったくの専門外であり(精神分析学と心理学はまったく異なった分野である)、その主張には誤解や誤りが多いといわれている。また近年受験生の間で人気の漫画「ドラゴン桜」によって、和田氏の受験術は下火になりつつある(和田氏の受験術がアンチ学校的な要素がある一方で、ドラゴン桜は学校教育を重視しており、後者の方が教育界を始め世間で幅広く支持されている)。とか。

ご存知『ドラゴン桜』は、三田紀房氏の漫画作品で、「週刊モーニング」に連載されています。

原作の漫画ではさまざまな受験テクニックや勉強法が紹介され、和田秀樹の著書「受験は要領」や福井一成の著書「一発逆転マル秘裏技勉強法」以上に受験業界で話題を呼んでいるのだとか。

8巻くらいまでは管理人も読みましたでしょうか。非常におもしろい漫画で参考になる点は多々あると思うのですが、小学生の我が子に適用するとなると、どうしていいやらわからなくて・・・・

ネットでいろいろ見ていますが、やはり塾に行って、中学受験して、勝ち組に入るというのがもっともポピュラーのようですね。

管理人の地域では、中学受験をする子供はクラスに1人いるかいないかという地域。選択肢も多くはなく、そうなると、都会に引っ越さないといけなくなります。

悩みはつみません・・・・塾に行くしかないのか?

なお、受験アドバイザーとして受験界に確固たる地位を築いている人たちには、「和田秀樹→福井一成→荒川英輔」という方々がいるそうです。この流れが受験界における主流だとか。

どんな方かご自身でも一度調べてみたらいいでしょう。著書も多数あるようですから、どれか1冊手にとってみてもいいかもしれません。

福井一成

荒川英輔
posted by マリンちゃん at 01:05 | Comment(1) | TrackBack(1) | 学力低下

ゆとり教育は学力低下の源?(2)

先に紹介した教育課程審議会の三浦朱門審議会長の話をもう一度紹介します。心して読んでほしいのです。

「学力低下は予測しうる不安というか、覚悟しながら教課審をやっとりました。できんものはできんままで結構。戦後五十年、落ちこぼれの底辺をあげることにばかり注いできた労力を、できるものを限りなく伸ばすことに振り向ける。百人に一人でいい、やがて彼らが国を引っ張っていきます。限りなくできない非才、無才には、せめて実直な精神だけを養っておいてもらえばいいんです。それが“ゆとり教育”の本当の目的。」

ゆとり教育は、言い換えれば「エリート教育」。

「勉強ができないものはできないで結構」、この発想から具体的には学習内容の削減が行われました。公立中学校を例にとれば、「新学習指導要領」に基づき、

週休5日で、週あたり全教科の時間数が25時間になりました。 25時間のうち、主要5教科の時間は、

中1年=17時間
中2年=18時間
中3年=18時間

となっています。主要5教科の1教科週当たりの勉強時間は、平均で3.6時間ほどにまでなっていったわけです。

これに対して、私立中学などでは、隔週で土曜日に授業をやったり、平日の授業を7時間目までやるなどして、公立の授業時間に対して、約1.3倍〜1.5倍の授業時間を行っています。

その結果、有名大学の合格実績は、私立中高学校が大きなアドバンテージをもつことになっていったわけです。

しかし、それは「そうなるとあらかじめわかっていた」わけです。
posted by マリンちゃん at 16:25 | Comment(0) | TrackBack(0) | 学力低下

ゆとり教育は学力低下の源?

今や「ゆとり教育」を支持する世論はほんのわずかになってしまいました。

学習内容の削減と学力低下は直接的な原因とされ、家庭ではその代用を塾に求め、私立中高への進学熱にも拍車がかかり、数年前からは公立の中高一貫校の設立に力が入れられるようになりました。

果たしてゆとり教育が学力低下の源なのか?

フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』には「ゆとり教育」についての驚くべき記述があります。

フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』より


教育課程審議会の三浦朱門審議会長は、ゆとり教育導入の経緯についてこう語っている。

「学力低下は予測しうる不安というか、覚悟しながら教課審をやっとりました。いや、逆に平均学力が下がらないようでは、これからの日本はどうにもならんということです。つまり、できんものはできんままで結構。戦後五十年、落ちこぼれの底辺をあげることにばかり注いできた労力を、できるものを限りなく伸ばすことに振り向ける。百人に一人でいい、やがて彼らが国を引っ張っていきます。限りなくできない非才、無才には、せめて実直な精神だけを養っておいてもらえばいいんです。国際比較をすれば、アメリカやヨーロッパの点数は低いけれど、すごいリーダーも出てくる。日本もそういう先進国型になっていかなければいけません。それが“ゆとり教育”の本当の目的。エリート教育とは言いにくい時代だから、回りくどく言っただけの話だ」こういう発想で、ゆとり教育導入の答申は出された。

・・・・・・・教課審では江崎玲於奈さんのいうような遺伝子診断の話は出なかったが、当然、そういうことになっていくでしょうね」。江崎玲於奈の発言は「「ある種の能力の備わっていない者が、いくらやってもねえ。いずれは就学時に遺伝子検査を行い、それぞれの子供の遺伝情報に見合った教育をしていく形になっていきますよ」というものであった。こういう発想で、ゆとり教育導入の答申は出された。


落ちこぼれ対策や学力偏重からの脱却を意図して導入された「ゆとり教育」の副作用として学力低下が起こったのではなく、学力低下はあらかじめ折り込み済みだったというのです。あらかじめ意図されていたというわけです。

であれば、今起こっていることはあらかじめ目的を持って行われてきたということになります。今起こっている批判はこれらの「当初の意図」を考えた上でのことなのか?

また、ゆとり教育の見直しをするのであれば、なにを意図してやろうとするのか、今までと根本的な方針をかえるのか否かも含めて考えていかないといけないでしょう。

ゆとり教育の導入における「学力低下」はあらかじめ考慮に入れていた現象であった、最初に意図していたことであったという認識を持っていただければと思います。
posted by マリンちゃん at 14:36 | Comment(1) | TrackBack(0) | 学力低下