『飛び入学』16歳以下も 教育再生会議2次報告原案 9月入学を推進

2007年5月19日 東京新聞
 政府の教育再生会議(野依良治座長)が五月末に予定している第二次報告の原案が十八日、明らかになった。十六歳(高校一年生)以下から大学への「飛び入学」を可能とするなど、国際競争力強化を目指した大学・大学院改革を打ち出した。さらに国公私立の大学・大学院で学校教育法施行規則で定めた四月入学の原則を見直し、「九月入学」を大幅に普及させることも盛り込んだ。

 ただ、原案は同日開かれた再生会議の合同分科会で、内容や構成、議論の進め方について異論が相次いだため、第二次報告では大幅に書き直される可能性もある。

 「飛び入学」は現在、学校教育法により、各大学の判断で十七歳(高校二年生)から認められているが、原案ではこの年齢制限撤廃を提言。また九月入学普及の具体策として、すべての国立大で「九月入学枠」を設ける方針を示した。このほか東大、京大をはじめ旧帝大など十二大学の理工系大学院への内部進学者の割合を三割程度にすることや、大学入試センター試験の大学入学資格試験化や、受験生に「再チャレンジ」の機会を与えるため、入試の年複数回実施の検討なども盛り込んだ。

 「徳育」の教科化については、従来の教科と異なる「新たな教科」と位置付け、数値による評価はしないことを明記した。

posted by マリンちゃん at 11:58 | Comment(0) | TrackBack(0) | ゆとり教育全般
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
この記事へのTrackBack URL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/4066370
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。