考える力、試す…全国学力テスト

2007年4月25日 読売新聞
 約233万人の小学6年生、中学3年生が取り組んだ全国学力テストが24日、行われた。

「記述」重視へ変化 表現力など向上目指す

 学力低下の指摘を受けて実施された今回のテストには、日本の子供たちが苦手としてきた記述式問題が多数盛り込まれた。43年前に実施された同種テストと比較すると、国が子供に求める学力像の変化も浮かびあがる。(社会部 村井正美 松本英一郎)

 「国としてどういう学力を身につけてほしいか。そのメッセージを問題の形で示した」

 テストの問題を作成した国立教育政策研究所の惣脇宏・教育課程研究センター長は、24日午後の会見でそう述べた。

 例えば、小学6年の算数では、「木曜日はすべてのケーキが20%引き、日曜日は320円より安いケーキが200円。チーズケーキ(定価300円)とチョコレートケーキ(同400円)を一つずつ買う時、どちらの日に買うと、いくら安くなるか」という問題が出され、答えとそれを導く式を記述することが求められた。

 答えに至る方法は3通りあり、文部科学省は、「現実の生活には、答えが一つではない問題がたくさんある。そのことを知ってほしかった」と説明する。

 1961年度に実施された全国学力テストと比較すると、問題の傾向が大きく異なる。当時は、計算問題や読解問題を含め、すべての問題が選択式。問題数も多く、中3の国語の場合、50分の試験時間内に、長文読解を含め、33問を解かなくてはならなかった。

 首都圏の大手学習塾「栄光ゼミナール」は、「当時は高度成長期で、与えられた問題を早く正確に処理できる力が重要視され、創造性や独創性まで求められていなかった」と解説したうえで、「問題が多すぎて、今の子供たちは半分もこなせないのでは」と話す。

 今回も、国語と算数・数学で、漢字や計算問題など基礎的な「知識」を問う出題があったが、文科省が力を入れたのは、図や表を読み取るなどの応用力を試す「活用」の問題だった。

 経済協力開発機構(OECD)による2003年の国際学習到達度調査(PISA)で、読解力や文章表現力の低下が著しかった。文科省はこれらの力の向上を目指し、小学校では「活用」の24問中10問、中学校でも27問中10問を記述式問題にした。「全体的に問題の傾向がPISAにそっくり」との指摘もある。

 小学6年の国語の「活用」では、二人の読書感想文を読み比べ、「共通する良い点」を二つ記述する問題が出されている。文科省の担当者は、「教室の中でも、同じような授業を行えるはずで、現場の教師が自らの指導方法を見つめ直すきっかけにしてもらえれば」と話している。

 PISA Programme for International Student Assessmentの略。15歳を対象に、身につけた知識や技能をどの程度、実生活に生かせるかを試す調査。2000年は32、03年は41の国・地域が参加した。日本は03年調査で「読解力」が8位から14位に順位を下げた。


学校の序列化 懸念


情報公開 対応悩む自治体

 今回の全国学力テストの最大の狙いは、各学校や自治体に、全国的に見てどのくらいのレベルにあるかを知ってもらう点にある。

 これまでも独自の学力テストを実施している自治体は多く、昨年度は計62の都道府県と政令市のうち、52自治体が独自テストを行っていた。文科省によると、学習内容を3割削減した現行の学習指導要領が小中学校に導入された2002年度以降、こうした動きが本格化しており、学力低下への危機感が背景にあるのは間違いない。ただ、あくまで各自治体内での分析にとどまり、全国での位置づけはわからなかった。

 これに対し、今回は、都道府県教委や市町村教委、各学校にそれぞれ細かなテスト結果が届けられる一方、国全体の科目別平均点や問題ごとの正答率が公表されるため、各学校などは手元のテスト結果と全国平均などを比較できる。「それぞれが弱点を見つけ、独自の学力向上策につなげてほしい」と文科省は言う。

 しかし、テスト結果の使い方によっては、学校の序列化を招く懸念もある。

 文科省は、学校間の競争をあおらないよう、学校別の成績を把握する都道府県教委や市町村教委に対し、これらのデータを公表しないよう求めている。だが、住民や保護者への説明のため、学校が各自の結果のみを公表することは認めているため、公表された結果を集めれば、順位づけも可能になる。

 また、学校別の成績などを情報公開請求された場合、文科省は「不開示情報として取り扱う」と決めているが、都道府県教委などへの強制力はなく、対応を決めかねている自治体も少なくない。

 大阪府枚方市が独自に実施した学力テストを巡っては、住民が学校別の成績の公開を求める訴訟を起こし、今年1月、大阪高裁が公開を命じ、同市は学校別の成績を公開している。

 河合文化教育研究所の丹羽健夫・主任研究員は「学校が序列化されると、学校現場がテストの成績を上げるため、一生懸命になってしまう恐れがある」と指摘。「情報公開請求をされると、行政側は公開せざるを得ないかもしれないので、学校の序列化による弊害や今回のテストの趣旨を住民に説明し、理解を求める必要がある」と話している。


生活の中で学ぶ姿勢を

 「次回のPISA調査で日本の成績を上げるための模擬試験なのでは」。教育関係者の間からはこんな言葉が聞こえる。国が、同調査を意識した問題作成を行ったのは事実だが、今回のテストで試された思考力や表現力は、今の子供たちが最も苦手とする力であることも確かだろう。今回は、日常生活を題材にした出題も多かった。普段の生活の中で、多くのことを考え、学ぶ姿勢を身につけさせることが学力向上への近道なのかもしれないと感じた。(村井)

(2007年4月25日 読売新聞)

posted by マリンちゃん at 13:30 | Comment(0) | TrackBack(0) | 全国学力テスト
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
この記事へのTrackBack URL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/3835517
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。