夏春休み1週間短縮を奨励 再生会議、ゆとり教育見直しで

3月14日 山陽新聞
 政府の教育再生会議は14日午後、都内のホテルで分科会を開き「ゆとり教育」の見直しの具体策として(1)夏休み、春休みの1週間程度の短縮(2)小中学校での7時間目の授業導入−などについて、学校現場に奨励する方針を決めた。

 会合では、分科会の主査・副主査が1月の第1次報告に盛り込んだ「授業時間10%増」の実施方法について、夏休み、春休みの短縮や7時間授業のほか、(1)早朝の10分間授業を正規授業として取り入れる(2)土曜日に必要に応じ補充学習する−ことなどを例示。これを具体例として奨励していくことで一致した。

posted by マリンちゃん at 15:42 | Comment(0) | TrackBack(0) | ゆとり教育全般
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
この記事へのTrackBack URL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/3652334
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。