英語実施状況:公立小で増加 6年生は年間14.8時間

2007年3月2日 毎日新聞
 文部科学省は2日、公立小学校での英語活動の実施状況調査(06年度)を発表した。全国2万2031校のうち2万1116校が「歌やゲームなど英語に親しむ活動」「簡単な英会話(あいさつ、自己紹介)の練習」などを行い、実施割合は前年度比2.2ポイント増の95.8%だった。6年生の年間平均実施時間数は14.8時間で、前年度比1.1時間増。学級担任が指導するケースが9割を超え、外国語指導助手(ALT)が参加した授業は6年生で66.0%となっている。
posted by マリンちゃん at 00:26 | Comment(0) | TrackBack(0) | 文部科学省
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
この記事へのTrackBack URL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/3459949
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。