第2次報告へ議論再開 教育再生会議

河北新報
 政府の教育再生会議(座長・野依良治理化学研究所理事長)は22日午前、首相官邸で合同分科会を開き、5月に予定する第2次報告に向けて議論を再開した。
 有識者委員の中核メンバーでつくる「運営委員会」は2日の会合で(1)教員の養成や採用、免許、研修の見直し(2)乳幼児教育の在り方(3)高校で必修化する奉仕活動の具体化−などを重点課題とする方針を確認している。このほか「薄すぎる」との批判がある教科書や、外国語教育の在り方なども検討課題に挙がっている。
 合同分科会ではまた、第1分科会が先にまとめた教育委員会制度見直しの追加提言について報告される見通し。このほか、一部の有識者委員が提唱している再生会議会合の報道陣への公開の可否も議論になるとみられる。
posted by マリンちゃん at 10:27 | Comment(0) | TrackBack(0) | ゆとり教育全般
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
この記事へのTrackBack URL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/3420271
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。