ゆとり教育、現場の声は「総合学習の削減希望」

2007年02月09日
長野県教職員組合のアンケート調査によりゆとり教育の代表である「総合学習」の時間削減が希望されていることが分かった。

昨年7月に県教組佐久支部が小学校90人、中学校81人の教師にアンケートをとったものである。小学校よりも中学校の教師にその傾向が強く見られ、高校受験の指導があるという理由が考えられる。学力低下批判の声が強く、政府の教育再生会議は今年1月に「ゆとり教育見直し」を掲げた。これにより授業時間数の10%増加が提言され、中央教育審議会は指導要領の改定作業を進めている。
posted by マリンちゃん at 09:24 | Comment(0) | TrackBack(0) | ゆとり教育全般
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
この記事へのTrackBack URL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/3321016
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。