ゆとり教育の逆は、勉強の先取り学習?

ゆとり教育を反対する人の中には、勉強の先取り学習を奨励する人が少なくありません。

ただ、先取り学習についても不安をお持ちの親の方は多いのではないでしょうか?

そこで、自分なりに先取り学習の情報を集めてみました。

ネットサーフィンしていて偶然見つけたサイトに、家庭学習において、いったいどこまで先取り学習をすべきなのか?という記事を見つけました。

かなりの長文ゆえ、読むのが大変ですが、軽いタッチで書かれているので、なんとか最後まで読み通しました・・・

家庭学習でどういうことを考えながら進めたらいいのかのヒントをたくさんいただきました。

あまり先に先に勉強していると、小学校に入ったとき、学校の授業がつまらない、新鮮じゃなくなるんじゃないか?

勉強の先どりはどのくらいまでがいいのでしょうか?

悩んでいることはいっしょですね。

「質の負荷」と「量の負荷」についての話は目から鱗でした。お勧めの問題集もあり、ちょっとやってみようかと思っちゃいました。早速アマゾンで1冊注文してみたので、頑張ってみます。

家庭学習において、いったいどこまで先取り学習をすべきなのか?
posted by マリンちゃん at 01:38 | Comment(0) | TrackBack(0) | 学力低下
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのTrackBack URL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/1832456