文部科学省、ゆとり教育を転換

2004年12月15日には、新聞で以下のような記事が掲載されていました。

文部科学省は14日、小中学校などの授業時間を増やすため、標準授業時間の見直しの検討に着手した。高校1年の読解力低下を示す今月7日の国際調査結果に続き、小中学生の学力低下傾向を示す結果が出たのを受けての措置。

実現すれば1977年から減り続けていた授業時間が約30年ぶりに増加に転じることになり、文科省が推進してきた「ゆとり教育」の方針を、事実上、転換することになる。省内には異論もあり、慎重に検討を進めている。

標準授業時間は現在、小学校が6年間で計5367時間、中学校が3年間で計2940時間。標準授業時間が最長だったのは、1968年の学習指導要領改訂後の一定期間。「教育の現代化」に向けて各教科で新しい内容が盛り込まれ、中学校では3360時間から3535時間に拡大。小学校の授業も当時は5821時間という長さだった。

1968年 小学校の授業時間数5821時間、中学校3360時間
2004年 小学校の授業時間数5367時間、中学校2940時間

この数字を比較して見ましょう。

40年前から約90%弱の勉強時間が削減された計算になります。小中の9年間で時間数にして、874時間の削減。

数字を見ただけではなかなか実感がわかないと思います。しかし驚くべき時間数です。

1日に6時間授業が行われると考えて、1ヶ月23日授業をやると138時間。これでいうと、874時間という時間数は、なんと6.3ヶ月分に相当します。つまり、40年前に比べて、授業時間数は6ヶ月×6時間授業がまるまるなくなる時間数に相当します。

学力が下がると予測するのは、ある意味、誰でも考え付いた結論かもしれませんね。


そして、ついにというか、改めてというか、2006年2月9日中教審部会素案として、「小学校低学年軸に授業増」という見出しの報道がされました。

学習指導要領見直しを検討している中教審教育課程部会は8日、「授業時間数は特に小学校低学年について検討し、国語力、理数教育は内容を充実する必要がある」とする審議経過報告の素案をまとめた。

学習内容や授業時間数を増やす方向で、現行指導要領で進めてきた「ゆとり教育」を修正する内容。1977年以降続いてきた授業時間数削減の路線は、約30年ぶりに転換される可能性が高くなった。

まだ素案の段階ですから、また、小学校低学年を軸にとの文言がありますから、時間はかかるでしょうが、これから授業時間は増えていくのでしょう。

しかし、40年かけて削減してきた授業時間を元に戻すには、また同じだけの時間がかかるであろうと想像されます。

40年も経てば今の子供はすっかり中年です。そこまでは待てない。だから、なにかを手を打ちたい。

塾にするのか? 中学受験をして私立に行くか? 家庭で親が面倒を見るか? どうする・・・・

ゆとり教育の話はそこそこにして、これから「今」どうするかについて、さまざまな情報をネットから拾い、一緒に考えていきましょう。


平成10年12月14日告示:小学校及び中学校学習指導要領

学習指導要領、見たことありますか?ぜひお子さんのところ、1教科だけでも一度見てください。

小学校学習指導要領(平成10年12月)

中学校学習指導要領(平成10年12月)
posted by マリンちゃん at 00:00 | Comment(0) | TrackBack(0) | 文部科学省
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのTrackBack URL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/1830940